庭木の王様 モッコク(木斛)


 モッコク の実がなっていました。

赤い実がかわいらしいです。

この実を食べに、メジロやツグミがやってきます。

鳥を誘う木のことを『誘鳥木(ゆうちょうぼく)』というそうです。

お家に野鳥を呼びたい方は、植えてみてはいかがでしょう?


このモッコクは題名にもあるように、

モチノキ モクセイ とともに三大庭木と言われています。


また、アカマツ カヤ イトヒバ イヌマキ とともに江戸五木と言われ、

昔から親しまれた木です。

日本庭園には欠かせない木で、お寺にも良く植えられています。


モッコクは、ある程度成長すると樹形が整い、きれいな状態を保ちます。

そういった意味でも、昔から人気があったのかも知れません。


そうは言っても、剪定をするに越したことはありません。

モッコクは小枝が茂り、風通しが悪くなることで病気になりやすいためです。


剪定の時期は、花が散って新しい枝が固くなる6~7月、

木が休眠時期に入る11~12月の年2回が理想ですが

1回で済ませたい場合は11~12月に行います


モッコクは、耐火性・防火性に優れる樹木です。

また、樹齢を重ねるほど風格が増してきます。

樹高は6m前後まで成長します。


お家のシンボルツリーとして植え、共に年を重ねるのも良いでしょう。


写真は、社長宅のモッコクです。立派に育っています(樹高5m!)



~ここで豆知識~

①江戸五木とされたモッコク、

 江戸時代の夜の光の少ない時代に光沢のある葉が

 光を反射して輝く様子が好まれたのではないかといわれています。





②誘鳥木として木を植える場合、

 鳥を呼ぶもう一つのコツは、水場を作る 

 だそうです。



Featured Posts
Recent Posts