松ぼっくりでツリー(球果いろいろ)

今日はクリスマスということで、

松ぼっくりクリスマスツリーを作ってみました。

拾ってきた松ぼっくりに、100均で調達したビーズと毛糸で飾り付けを。

松ぼっくりでツリーができるなんて驚きですね。

ちなみに、鉢の部分はペットボトルの蓋に麻ひもを巻いたものです!

 

というわけで、今回は松ぼっくりについて綴ってみようと思います。


松ぼっくりは、別名『松かさ(松笠・松傘・松毬)』とも呼ばれます。

松ぼっくりは、松の果実。球果(きゅうか)と呼ばれます。

スギやヒノキの仲間も球果を付けます。


スギの球果












ヒノキの球果











 

松ぼくっりの球果はウロコのようなもので覆われています。

これを鱗片(リンペン)と言います。

鱗片の下の部分の羽のついた種子があります。

種子ができ始めると鱗片が開いて種子を外に飛ばします。

松ぼっくりは種子が無くなるころ、木からポロっと落っこちます。

 

クリスマスリースやツリーの装飾品としても人気のある松ぼっくり。

銀色に塗られたオシャレなものも良く売られていますね。


お庭や公園で拾ったもの(良く洗って使ってください)を

子供と一緒にツリーなどを作ったりするのも楽しいと思います。

また、「お湯につけて鱗片が閉じるかどうか実験!」というのも楽しいですね。

完全に乾燥させると元に戻ります!!

自然のものを使って、ぜひ遊んでみてください♪

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
​。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon