サルスベリ

今、花の最盛期を迎えているのが サルスベリ です。

今回はサルスベリについて紹介します。

下の写真は、弊社に植えてあるサルスベリの花です。



手入れが楽で初心者にも育てやすく、開花期が長期で花を長く楽しめる

人気の高い樹木です。

その名の通り、サルが滑るほど幹肌がつるつるしています。

実は、元々ザラザラしている樹皮。

それが剥がれて、下のスベスベの白い幹肌が出くることで

サル滑りとなるのです。

樹皮が剝がれている様子


サルスベリは、別名 百日紅(ひゃくじつこう)と言われて、

開花期が7月~9月と長いのが特徴です。

花を長く楽しむことができるため、庭木に多く見られます。


また、病害虫に強く、剪定も年に1度行えばよく、栽培しやすいことから

公園や街路樹にも採用されています。

相馬バイパスの松川浦付近の街路樹もサルスベリです。

ここは、花色が赤と白があり、この時期はとても華やかになっています。

『 剪定 』の時期は、落葉する11月~3月に1度行います。

年に1度の剪定で済むため、手入れがとても楽です。



~ここで豆知識~

もっとサルスベリの花を楽しみたいなら!

開花期の8月上旬から中旬までに

咲き終わった花の枝の下2、3節目で剪定すると、

一ヶ月後くらいに再度花を咲かせることができます。

花が増え、華やかさが増しますよ。

Featured Posts
Recent Posts