” 実 ” のりの秋

実りの秋 というと、秋が ”穀物や果物の収穫が多くなる季節”

であることを表す言葉ですが、

今回は、木の”実”の実りをお伝えしたいと思います。


少しずつ葉が紅く色づいてきて、秋の訪れを感じる今日この頃。

「庭木の中に小さなリンゴ?」と思ったら、

ヤブツバキの赤い実がたくさん!

この実は下の写真のようにはじけて、

シャンプーなどでお馴染みの椿油が取れる立派な種が出てきます。

はじけた後も絵になりますね。

寒椿・ヤブツバキは、冬季に大きくて美しい花を咲かせ、

常緑樹で一年中みどりが楽しめるため、庭木として非常に人気があります。


~ここで豆知識~

ツバキの花言葉は「控えめな優しさ」「誇り」などがあります。

また、花色ごとの花言葉があり、例えば赤い花は「控えめな素晴ら「謙虚な美徳」です。

これら花言葉の”控えめ”の由来は、ツバキの花に香りがないことによるそうです。

次は、マルバシャリンバイの実です。


シャリンバイの特徴は、大気汚染や暑さに強いうえ、

潮風にも強い性質を持つところです。

そのため、道路の緑地帯や公園、沿岸部の街路樹などに良く植えられます。

マルバシャリンバイは、その名の通り葉が丸く、樹高も低いため、

かわいらしい印象があり、庭木にも良く植えられています。

開花時期は5月~6月ごろで、白やうす紅色の花をたくさん咲かせます。


~ここで豆知識2~

福島県南相馬市内の海老浜には、東日本大震災の津波から奇跡的に残った

マルバシャリンバイがあります。

このマルバシャリンバイは、この地で自生しているもので、

東北地用の海岸に自生するのは極めて珍しいそうです。

『福島県指定天然記念物』にも指定されています。



Featured Posts
Recent Posts