毛虫が大発生!~アメリカシロヒトリ~

最近、毎日のように毛虫駆除のご依頼をいただいています。

この時期の毛虫被害の多くは、 アメリカシロヒトリ の幼虫によるものです。



被害は、学校、公園、お庭といたるところで発生しています。

駆除の方法は、巣の焼殺殺虫剤散布伐採があり、

弊社では、殺虫剤散布、伐採を行っています。

アメリカシロヒトリは、毒がなく人体に影響はありません

ただし、アレルギーのある方はかゆみが出たりする場合があります。

しかし、葉が食べられて木が衰退したり

糞により木の周辺が汚れたり

洗濯物に付着したりするため、駆除を行います。


葉が食べられている様子(ひどいと葉がスカスカになる)


気象条件などにもよりますが、

通常6月上旬から7月中旬8月上旬から9月中旬

年2回発生します。


アメリカシロヒトリは繁殖力が非常に高く、

1匹が300~800個もの卵を葉の裏に産み付けます。

産卵から約1週間でふ化し、

幼虫は糸を出して巣を作り(濃いくもの巣状)、

その中で1週間ほど集団生活をします。

その後、成長した幼虫が巣から出て個別に行動・拡散します。

対策の一手は

巣で集団生活をしている間に、巣ごと焼殺することです。

早期発見で拡散する前に殺してしまうのが、

手間と費用を抑えるポイントになります。


拡散後は、写真のように殺虫剤を散布します。


~ここで豆知識~

アメリカシロヒトリは殺虫剤に対する抗体を作ってしまい、

2~3年で殺虫剤が効かなくなってしまいます。

なので、定期的に殺虫剤の種類を変える必要があります。

なんとも手ごわい相手なのです・・・


毛虫被害でお困りの方は、お気軽にお問合せください。

Featured Posts
Recent Posts