サンザシ(山査子)


 ルビーサンザシ にルビー色のきれいな実が付きました。

植えてから約15年になりますが、こんなに実をつけたのは初めてです。

とはいっても、まだまだまばらな実。。。

来年はもっと手入れをして、花や実をもっともっと増やしたいと思います!


ルビーサンザシは、5月ごろに一重咲きの白い花を咲かせ、

9~10月にルビー色に輝く赤い実を付ける観賞用品種です。

さて、サンザシとはどういった樹木なのでしょうか?


サンザシは、中国原産で日本には江戸時代に薬用の樹木として入ってきた

落葉低木で樹高は2m程度です。

4~5月に白、赤、ピンクの花を咲かせ、9~10月に実を付けます。

比較的小さいうちから実をつけるため、盆栽としても人気があります。

枝には鋭いトゲがあるので、剪定などのお手入れの際は気を付けてください。


薬用として日本に入ったサンザシですが、その効能は健胃、消化、下痢です。


実は生では酸味が強いため、ジャムや果実酒、ジュースなどに加工されます。

【剪定時期】

比較的ゆっくり成長しますが、樹形を整える場合には

花が終わったらなるべく早い時期の6月中

樹形を整え、風通しを良くするための剪定を行います。

落葉期に剪定する場合は、徒長枝や枯れ枝、重なった枝を取り除く程度にします。

~ここで豆知識~

サンザシの果実は食用としても良く知られていますが、

その栄養素は、

食物繊維、ビタミン・ミネラル、アミノ酸

さらに、カテキン、アントシアニン、ケルセチンなどの

ポリフェノールも豊富に含まれていて抗酸化作用による美容効果も期待できす!!

ドライフルーツやジュースなども販売されていますので、

健康や美容、アンチエイジングを目的に試してみるのも良いと思います。


Featured Posts
Recent Posts