top of page

サンシュユ(山茱萸)が咲きました

_ 2024.03.21 _

こんにちは、東北造園です。


サンシュユの花が咲きました。



前回のマンサクと同様に、サンシュユも葉が開くより前に開花するため、初春に株全体を黄色に染める美しい木です。


サンシュユという響きは非常に独特ですが、中国植物名「山茱萸」を音読みしたものを和名としたためです。

別名、『ハルコガネバナ(春黄金花)』と言いますが、こちらは植物学者 牧野富太郎博士が命名されたそうです。


(この株はセイヨウサンシュユかサンシュユかわからず、葉がない時期に正しく見分けるのは難しいため、サンシュユとしてご紹介します。)


サンシュユとは?

朝鮮半島・中国原産で、ミズキ科ミズキ属の落葉小高木です。


日本には江戸時代に薬用として入ってきましたが、春に咲く黄色い花、秋にできる赤い果実を鑑賞するために、庭木として各地に植栽されました。


開 花 時 期

 3~4月


花は黄色い小花が30個ほど集まり、直径2~3㎝程度の小さな花房を作って開花します。小花がたくさん集まって咲く様子がとてもかわいらしいです。また、盆栽としても楽しめる花木です。


  実                      

 10~12月


サンゴのようにつややかな赤い実が楽しめます。

この実は、食べられますが生では渋みが強いため、ジャムや果実酒で味わうことができます。もともと薬用として日本に持ち込まれており、滋養強壮や疲労回復など健康酒としても飲まれています。


剪 定 時 期

 12~2月、5~6月(開花前の落葉期か開花後)


サンシュユも自然樹形が美しい木です。落葉期の剪定は、混みあった枝、徒長枝、枯れ枝があるようなら剪定を行います。


【落葉期剪定のポイント】

サンシュユの花芽は短い枝の先端に付き、長く伸びすぎた徒長枝には付きません。長い枝を切り、短く太い枝を増やすことで花付を良くすることができます。


 

初春の黄色い花と、秋の赤い実が魅力のサンシュユ

一つ一つは小さい花ですが、細い雄しべが花房の輪郭をぼかし、輝いているかのようです。

意外と存在感があり、初春に彩りを与えてくれる花木です。



 

 え だ み ち                     

『イースター』って?



2024年のイースターは3月31日です。

「イースターって聞くけど、実は何のことかわからない」

という人も多いと思います。


イースターは【復活祭】とも言います。

イースターとは、十字架にかけられて亡くなったキリストが、その3日後に復活したことを祝うお祭です。


そのため、キリスト教においては最も重要だとされています。宗教的にも意味がある日で、イースターを祝って学校が数週間休みになる国もあるそうです。

Comentarios


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
​。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon
bottom of page